費用

矯正治療費は大人であれば
「80~140万」が目安です

矯正治療には基本的に健康保険がききません。
費用は地域や医院によって異なりますが、当院では大学病院の治療費に準じて設定しており、大半の症例において80~140万円が目安になっています。
若年者や部分的な治療の場合は、治療費が異なりますのでお問い合わせください。
当院では、精密検査後の治療計画をご説明する段階で、装置代・装着料・毎月の調整料など、治療終了までにかかるすべての治療費をお伝えしています。
お支払いは分割払いで金融機関からの自動引き落とし(予定治療期間内で金利、手数料なし)とさせていただいています。

川上矯正歯科医院の
具体的な矯正治療費

自費治療費の詳細
治療開始前に必要な
自費の費用(税別)
初診・
相談料
無料
基本
精密検査料
45,000円(税別)
診断料 20,000円(税別)

※基本精密検査料は成人の方の価格です。未成年の方でCT検査が必要ない場合は40,000円(税別)になります。診断料は年齢・症状の程度に関係なく定額です。
※基本精密検査料は初診・相談(無料カウンセリング)時に精密検査の内容と費用をご説明します。患者様に検査時間と費用が発生することの了解を得ることができましたら、 無料カウンセリングに続いてすぐに精密検査を行うことができます。
費用をご用意していない場合は、後日検査結果をお伝えするときに診断料と一緒にお払いいただくことも、またカードでのお支払いも可能です。電話での診療申込時に、無料カウンセリングと同日の精密検査のご予約も可能です。
※診断料は「検査報告・治療計画の提案」での来院時にお支払い下さい。
※装置が外れた場合:普通の生活を送っていて装置が外れた場合は追加費用は発生しませんが、故意、事故(友人の手が当たった、ボールが当たった、転倒したなど)、紛失、過失による破損などはその限りではありません。追加費用が必要になります。

治療内容別の具体的な
治療費とお支払例
矯正治療費とお支払例(税別)
治療の種類 治療期間 総治療費 お支払い例
総治療費 初回金 分割金 回数
本格矯正
(マルチブラケット治療)
12~18歳
12〜30ヶ月 65〜100万円 80万円 200,000円 25,000円 24回
本格矯正
(マルチブラケット治療)
成人
12〜36ヶ月 75〜110万円 90万円 300,000円 20,000円 30回
裏側(リンガル)矯正 12〜36ヶ月 120〜150万円 140万円 500,000円 30,000円 30回
ハーフリンガル矯正
(上が裏側、下が表側装置)
12〜36ヶ月 100〜130万円 110万円 350,000円 25,000円 30回
①子供の矯正(Ⅰ期治療) 6ヶ月〜 15〜45万円 30万円 120,000円 15,000円 12回
②子供の矯正治療後の
本格矯正(Ⅱ期治療)
12〜30ヶ月 55〜85万円 70万円 220,000円 20,000円 24回
マウスピース矯正 12〜30ヶ月 65〜120万円 90万円 300,000円 20,000円 30回
部分矯正 3ヶ月〜 15〜35万円 30万円 120,000円 15,000円 12回
ムーシールド 3ヶ月〜 12万円 原則一括払い

※第二大臼歯が生えていましたら、成人だけでなく子供でもリンガル矯正が選択可能です。
※あくまで治療費の目安です。精密検査後に具体的な治療費が決定します。
※分割支払い例は一例ですので、ご相談下さい。
※上記表示金額はすべて税抜きです。

川上矯正歯科医院の
矯正治療費に関する特徴

治療終了までの総治療費を
お知らせいたします

治療費は、症状や治療方法によって変わってきますが、精密検査をすれば治療完了までの総治療費が決定します。
当院では、 精密検査後の治療計画をご説明する段階で、装置代・装着料・毎月の調整料など、治療終了までにかかるすべての治療費をお伝えしています。
実際の治療期間は、当初の計画通りいかないこともあります。治療計画より早く終了する場合もあれば、長くかかる場合もありますが、それによる 料金の変更は一切ございません。
安心して最後まで治療に専念していただける料金システムになっています。

お支払い方法について

お支払いは、当院での現金・クレジットカード払いのほか、金融機関からの自動引き落とし(予定治療期間内で金利、手数料なし)が可能です。
ですから、 来院ごとに治療費をご用意いただくことも、お子様だけで来院する際に、多額の治療費を持たせなければならないという心配もございません。
ボーナス併用の分割払いや全額均等払いなど、患者様のご都合をお聞きし決定致します。

一部症状は医療健康保険や
一部負担金免除等の制度が
適用されます

自立支援医療機関(育成・更正医療機関)と顎口腔機能診断施設の指定を受けていますので医療健康保険や一部負担金免除などの制度が適用されます。
唇顎口蓋裂などの先天異常や、顎矯正手術が必要な顎変形症には、健康保険が適用になります。
健康保険適用の場合、身障者や母子家庭は一部負担金が免除または軽減されますのでご相談ください。

※外部サイトが開きます

歯科矯正治療費も
医療費控除の対象になります

自己や自己と生計を一にする配偶者やその他親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。
これを 医療費控除といいます。
自費でお支払いいただいた矯正治療費及び保険診療の一部負担金は医療費控除の対象になります。
医療費控除の詳細や申告方法は国税庁ホームページのタックスアンサーを参考にして下さい。

※外部サイトが開きます

ページの先頭へ戻る